« ツールのテスト | Main | 本当は、こうしたかったけど »

2004.03.19

Fw:大阪vs中央

友人からのメール。
下記について、コメントはしません。お問い合わせも、直接、原資料に当たってからにしていただけるよう、お願いします。

> >
> >  転送大歓迎です。
> >
 SONGと申します。

 皆さんはすでにご存じと思いますが、去る2月17日、インターネット上に
21世紀、朝鮮総聯の改革と再生】が上がりました。
主宰者は在日朝鮮人人権協会近畿地方本部会長ホンギョンウィ氏です。

 <朝鮮新報>3月15日付け(国文)
同17日付け(日本文)


 記事の真偽はメディアリテラシーをお持ちの皆さんであるなら、よくご理解
いただけると思いますのでここでは省きたいと思いますが、<朝鮮新報>
はいかなる検証でもってこの記事を掲載したのか、問いたいところです。

 記事の内容はマスメディアとして非常にバランス性に欠け、完全な人格攻撃
、人権侵害に終始しております。

 しかし、ホン氏は子息を民族学校に通わせており、この度夫人が学校で子息が
あらぬ差別を受けることがないよう学父母お一人お一人に手紙を渡されたそう
です。WEB上で公開されていましたのでご紹介します。

**********************************************************
ハップモヨロブン、アンニョンハシムニカ?

 私は東大阪朝鮮中級学校1年1組のホン・ユナ、3年5組のホン・ソナの
オモニです。名前は趙博美(チョウバンミ)といって、生野初級学校出身で
東住吉区に居住しています。アボジ(夫)は総聯専従で、ただいま近畿人
権協会で活動しています。名前は洪敬義(ホンキョンウィ)と言います。

 なぜ突然皆さん宛にこのようなお手紙を送るに至ったのか、まずお話し
なければなりません。自分の良心に従って、同胞と組織とハッキョを守って
きた一学父母として居たたまれない私の思いを同胞達に伝えたい、ただそれ
のみです。2月18日付けの朝日新聞をご覧になりましたか?

 もうご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、「21世紀朝鮮総連の改革と
再生の為の提言」というホームページが立ち上がりました。朝鮮総連の現状
と未来を憂えるイルクン達が力を合わせ、総聯中央に意見しようと立ち上げ
たのです。インターネットでこのような内部議論をさらけ出すことに批判もあった
ようですが、この方法以外に提言を生かす事ができなかった経緯は、ホーム
ページを見ていただくと察していただけるかと思います。

 もうこれ以上組織の衰退と、愛するウリハッキョがなくなるのを見ていられ
なかったと思います。発表後、提言者として実名を公表したソナアボジは、
総聯中央から誹謗中傷の的になり公安の手先、総聯破壊分子、人間のごみ、
近づく者は同じ分子とみなすとまで書かれた文書が組織全般に通達されました。
多分ハッキョ関係者にも伝わっているようです。

 恥知らずな言葉にただ唖然としたのは、現場のイルクンたちだったと思います。
とうとう朝鮮新報にも糾弾記事が掲載されました。情けないです。
もちろん中央ではソナアボジに辞任を要求していますが、提言を全面的に
支持する人権協会の理事達はそれを断固はね除けています。ソナアボジは
自分の身の置き場を、理事と会員の方々の意思に従う覚悟です。
同胞の組織ですから…

 さて、ホームページは一日1,000件を超え、ものすごい議論が展開されてい
ます。特にウリハッキョの問題は、どうすれば存続可能なのか、様々な意見が
出ていて目を離せません。先日地域商工会の理事のアボジたちが訪ねてこら
れて、ソナアボジへの中央の攻撃が学校の中にまで及び、子供達への影響が
ないように見守りたいということをおっしゃっていました。
本当に心丈夫でした。コマップスムニダ。

 アボジ、オモニドウル、是非提言を見て頂き、意見交換に参加してくだされば
幸いです。

資料をいくつか同封いたします。ほんとにあふれる思いを長々と書いてしまいまし
た。
最後まで読んでくださりカムサハムニダ。

趙博美

【21世紀、朝鮮総聯の改革と再生】  http://www13.plala.or.jp/forum/
**********************************************************

 今現在、ご子息は良識ある教師達や学校関係者が本当に何もなかったように
今まで通り接していただいているそうです。

 心ない<朝鮮新報>論説委員は、その様な破廉恥きわまりない記事で
子供達の心が傷付くことを確信犯的に行ったのなら私は許せません。

 子供達に内部からの新たな差別が起こらないことを祈ってやみません。

|

« ツールのテスト | Main | 本当は、こうしたかったけど »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Fw:大阪vs中央:

« ツールのテスト | Main | 本当は、こうしたかったけど »