« 『会社が潰れるとき』 | Main | 個人事業・自由業者の税金もっと安くできる! 2004年度版 »

2004.05.12

『博士号取得者の国際比較が意味するもの』を、ちょっと、読む

博士号取得者の国際比較が意味するもの』を読む、引用されている『ふじすえblog:中国の魅力の変化:手(労働力)から、口(市場)から、頭(頭脳)に』も読む。

米国というのは、1つの指標だが、如実な変化と見える。それにしても、インド系が極端に減っているのは何故だろうか?韓国が善戦(人口比で考えると)しているが、物量には敵わないかも知れない。

そして、こういう糸口で考える工学系の人間が民主党から立候補する時代なのかという感慨。色々考える事がありそう。ただ、言わずもがなですが、ゲーム理論だけでは無いですよね。

|

« 『会社が潰れるとき』 | Main | 個人事業・自由業者の税金もっと安くできる! 2004年度版 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『博士号取得者の国際比較が意味するもの』を、ちょっと、読む:

« 『会社が潰れるとき』 | Main | 個人事業・自由業者の税金もっと安くできる! 2004年度版 »