« 靖国神社 | Main | シティバンク »

2005.05.31

『オランダ・ハーグより』によせて

国連というのは不思議な所で、創立者が誰で、どうやって設立されたか、なんてことは問わないことになってるらしい。
で、春具の記事であるが、明石康の怪しげな経歴も不問に優れた人材と言うあたり信用ならない。

国連というのは不思議な所で、創立者が誰で、どうやって設立されたか、なんてことは問わないことになってるらしい。
で、春具の記事であるが、明石康の怪しげな経歴も不問に優れた人材と言うあたり信用ならない。
ワルトハイムの出自の怪しさは記述から幾分かは伝わってくるが、ブトロス・ブトロス・ガリが「死の商人」だったのは公然の秘密だったから触れられてないのだろう。
北欧のタブーだが、スウェーデンはナチ新派国だった。その記憶から立ち直るのに永い時間が必要だった。いや、忘れたい過去なのだ。
国連機関は、二次大戦後の世界のバランスを試みるはずが、米国のコントロールを逸脱して、利権屋の新興勢力になった。

国連の設立は、自民党創設を思わせる。

|

« 靖国神社 | Main | シティバンク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『オランダ・ハーグより』によせて:

« 靖国神社 | Main | シティバンク »