« ク・ナウカの方法論 | Main | 希望について »

2005.11.07

ク・ナウカ演劇にカタルシスはない

Date: Mon, 07 Nov 2005 18:00:03 +0900
やはり何かが引っ掛かったままスッキリしない。。。
どうも演出家が企んだ仕掛けに、効き目がないもどかしさを感じてるのかも知れない。
仕掛けには効果が狙われてるだろう。
どうも、それは理屈な計算で、現実的でないのかも知れない。
能舞台であるから情動の表出は殺がれてるだろう。
シノプスの、毎シークエンスの遮蔽の妙味を演劇とするなら、今回は小状況を注視したベタな舞台だったかも知れない。
それは、日本の小劇団の得意とする「豪華絢爛な貧乏芝居」だろうか。
それとも計算に基づく演出本位な舞台であっただけなのか。
小賢しい。。。

|

« ク・ナウカの方法論 | Main | 希望について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ク・ナウカ演劇にカタルシスはない:

« ク・ナウカの方法論 | Main | 希望について »