« フリーウェアとカトリック | Main | 青いビール »

2005.11.20

靖国付属施設について

余丁町散人(橋本尚幸)の隠居小屋 - Blogから
靖国神社で日韓でまだ揉めている、日本人は感情的に反発、でも遊就館を見たのか?
遊就館って、そんなひどいのか。
上で触れられている赤旗の記事『これが靖国神社「遊就館」の実態だ』でもトンデモナイようだ。まともな想像力がある奴はいないのか。

|

« フリーウェアとカトリック | Main | 青いビール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

「加門七海」式解説をするなら、「A級戦犯」=「神」展示は、正しい。
国家に無理強いさせられて、戦死あるいは(人身御供として)処刑された(憤死の類?)怨念を抱く地縛霊として靖国神社に封印されてるのだから、多くの足に踏まれることで怨霊を封じ込められるという呪術。

で、「A級戦犯」を奉るから「悪」なのだは、もうやめてほしい。戦後を操った「巣鴨から生還した」奴らは何様だったのだ?
アジアでの戦争責任を問うなら開戦責任者と各現場での指揮官をリストアップして厳密に行うべきだ。

よく言われるのは、「靖国参拝」で周辺アジア諸国、特に中国と仲違してくれる御蔭で儲かる奴らが居る、それを後押しする役目だ、と。

多局面を有するので、何とは断定し難いけど。

Posted by: katute | 2005.11.20 10:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 靖国付属施設について:

« フリーウェアとカトリック | Main | 青いビール »