« xiaogang ye | Main | 鈴木敏文の「統計心理学」 »

2005.11.27

フランス騒動

フランス暴動、あれから思ったこと

情報が下火になったから大した事じゃないというような感じだが、地元紙を読む人たちは鎮火してないようだ。

「フランスには貧困層は存在しない」

サルコジ支持者

フランス“暴動”をめぐるクリップ・クラップス

バンリュウ騒乱に関するクリップ、と猫屋のbla-bla-bla

クリップとメモ、サルコジなど

事件が起きた背景と実情の関係もあるだろう。
あるいは、サルコの情報戦が優位なのか。
確かに移民の叛乱というのはセンセーショナルだが、それだけではないとしても、グローバリゼーションへの反感が先に立ったとする冷ややかな見方だけでは、現地の生活感など理解しようも無いと思う。
何故サルコ人気が高いのかの理由も知るべきだろうから。

|

« xiaogang ye | Main | 鈴木敏文の「統計心理学」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランス騒動:

» フランス暴動が物語るもの [THINK ANY MORE]
フランス暴動は警官に追われた少年の感電死をきっかけにフランス全土に広がり、政府が非常事態法を発令する異常な事態へと発展した。政府は暴動被害の大きい一部地域に夜間外出禁止令を出し、事態の沈静化を図っている。 現在、暴動はゆるやかに収束に向かっているという情報が入っているが、それにしてもこの暴動が異常な事態であることに変わりはない。 二週間で五千台以上の車両が放火され、学校や商店へも被害を受けた。そして、ついに死者ま�... [Read More]

Tracked on 2005.12.03 11:09 PM

« xiaogang ye | Main | 鈴木敏文の「統計心理学」 »