« 80年代風 | Main | 『高橋悠治×茂木健一郎』があったそうな »

2005.12.28

BAZの新譜

Bernd Alois Zimmermanの機会音楽集。
人形劇、バレエ、映画。そしてカンタータのおまけ付き。
いつものBAZなら、おまけに付いてる、このカンタータのようなシリアス・ミュージックを聞かせてくれるが、さしずめ50年代のポップ・アルバムといった所か。

いやいや、BAZがそう簡単に肩の凝らないムード音楽を書くはずもない。
軽快に始まるのでノリノリな展開を期待してしまうが、音楽の身振りはやがて抜き足差し足。どんな舞台なんだろう。
う〜む、誰かBAZのバレエのエッセイを日本語に訳してくれないだろうか。

「若き詩人へのレクイエム」をまた聞いてみよう。

|

« 80年代風 | Main | 『高橋悠治×茂木健一郎』があったそうな »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BAZの新譜:

« 80年代風 | Main | 『高橋悠治×茂木健一郎』があったそうな »