« 05のM&Aで気になる点 | Main | XOD(仮)とは何か »

2006.01.01

陳銀淑の音楽

どうも聞き覚えのあるわくわくを感じるのはストラヴィンスキー「エボニー・コンチェルト」を思い出すからだろうか。
背後で打楽器が騒つく気配がイイ感じ。
ロルフ・リーバーマン「フリオーソ」も同系列。

ユン・イサンの晩年の作品から、あろうことかプロコフィエフやバルトークがほんのりと聞こえるのだが、陳も同様にプロコフィエフが聞こえる。

|

« 05のM&Aで気になる点 | Main | XOD(仮)とは何か »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 陳銀淑の音楽:

« 05のM&Aで気になる点 | Main | XOD(仮)とは何か »