« 時代の変わり目ではあるな | Main | 音楽的遺産 »

2006.02.10

島と人

吉田健一訳「海からの贈物」を読んだので、思いつくことを書いて留めておきたい。「夜の音楽」の続きの、輪郭だけ。

先に送ったメールの内容が、そうじゃない、と叱責されてるのか厳しい頭痛に見舞われて目が覚めた。3日も休む訳には行かない。

リンドバーグ夫人の島とタルコフスキー「ソラリス」の島に、それぞれトーベ・ヤンソンを、「星の王子さま」のように連れて行きたい。
これだけの道具立てでもう言いたいことは尽くしたような気もする。
が、もう少し、島の輪郭を取るのに、リリアン・ヘルマンに登場願おう。
それでは偏りすぎるというなら「侍女の物語」を加えても良い。
きっとマンスフィールドのような文章になるのだろう。。。やはり説明を加えるほどに蛇足だな。

|

« 時代の変わり目ではあるな | Main | 音楽的遺産 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 島と人:

« 時代の変わり目ではあるな | Main | 音楽的遺産 »