« これは読んだ? | Main | 知ってた? »

2006.03.16

印刷から出力へ

今朝の電車で、目の前のスーツの男性がカバンから資料を取り出して読みはじめた。アウトドアウェアのカタログのようだが、綴じられてないので出力紙らしいと見当をつける。しかし隅まで紙面がある。どうも趣味で読んでる風ではないようで表紙にあたる見開きをめくってストーリーという見出しの読み物に熱心に目を通している。
と、その前にもう一人のラフな感じの服装をした同年齢くらいの男性はブレードPCの資料を読んでいる。こちらは四方が余白で囲われているのでプリントアウトだと直ぐに判る。
してみると、目の前の男性が見ているのは校正紙なのか?トンボはないし切り揃えたという風でもなく、既にこのまま出力されたように見える。なぜって、表紙から判断すると、これを印刷するとしたらA4横綴じ左開きになるだろう。しかし表紙裏、つまり左側に、いきなり冒頭の本文を展開するだろうか。自然な流れを考えるなら、視線は開いたら先に右側を捕らえるだろうから、そうはありえない。まして表紙裏を白にしてしまっては展開上の訴求力が落ちる。ならば、この資料はこのままのプレゼンテーションを要求してるのだ。
ただし素人文具に気が生えたパワーポイントなんてofficeものではなく、プロの作り。それも欧米のテイストに仕上げてある。
ブレードPC資料とをパンフォーカスで見比べると、訴求力と仕上がり具合からして見せるべき対象の違いが自ずと明白だ。

自分に推理できるのは、外資がネット上に配備するストーリーボード風カタログだろうという所迄で、これをこのように出力することは現状不可能であるはずだ。

WEBZINEという言葉は最近聞かないが、電子ペーパーよりも本物の紙が、より身近だろう。そして大量印刷ではなく個別出力が増加するのだろう、か。

|

« これは読んだ? | Main | 知ってた? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 印刷から出力へ:

« これは読んだ? | Main | 知ってた? »