« 20代はポテンシャルが高い? | Main | ゴーギャンの世界 »

2006.03.05

スーパー・ピアノ・レッスン

昼間、偶然MMで噂だった番組を観た。
プロコフィエフの7番のソナタ。
短い中で見事なお手並みだった。音の解釈を和音から付ける正統派の講義。いやいやプロコフィエフはロシアの伝統的な作家だということだろう。
それにしても、プロとアマチュアの差は選択の意志の強さかも知れない。
テクニックで弾かない(良い忠告をもらった)。

さて、この7番は疎開地のレジデンシャルとしてソビエト政府に提出されたので戦争ソナタと呼ばれることもある。3楽章の7拍子が独特な音型リズムで、7番だから7拍子かと思ってたが、そうではなかった。
講師の言うには、疎開地でグルジアの民族舞曲ホルミを聞いたプロコフィエフがそれをヒントに2拍加えたらしい。

番組を見てて面白かったのは、この3楽章になったら生徒が俄然ノリノリで弾き進める。それは無理もないことで、彼女はブルガリア出身だった。
講師はグルジア出身。レッスンを撮影したのはローマ。なんとも国際色豊かな番組だった。

|

« 20代はポテンシャルが高い? | Main | ゴーギャンの世界 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スーパー・ピアノ・レッスン:

« 20代はポテンシャルが高い? | Main | ゴーギャンの世界 »