« 視覚と聴覚、と | Main | 中断された読書 »

2006.06.18

経験値と演奏

面白いもので、かつては難しくて譜面を読むことさえ困難に思えていたものが、ふと開いてみたくなり、躓かずに弾けるようになってることがある。勿論、上手とは言えない。ただ、ああ、そういうことなのか、と分かる。それがなんて言うか、かつては追い縋ろうとしてたのに、上から見ているような感じがする。この間に譜面を見たでもなく、何となく手が伸びて掴んだら弾けた、そんな感じだ。経験が音楽を弾けるようにする、とは言われてきたことだが、どんな経験がそうさせるのか今以て知らない。受験のための技術的な練習をしてた頃にもしばしばこういうことはあったが、それで演奏力が向上したことはない。地図を旅するとか、朗読が巧くなるとか、それとは違う。

そもそも音楽自体もここ数年で姿を変えた気がする。久し振りに手持ちのクラシック以外のCDを片っ端から聞いてる。気が付けばこの10年ほどクラシック以外購入してないじゃないか。
CURVE:Cuckoo
Praise
Joyce:ILHA BRASIL
THE CHIEFTAINS:Water from the Well
日向敏文:ISIS
Mike Oldfield:The Songs Of Distant Earth
LEOPOLDO FEDERICO:HOMENAJE A CARLOS GARDEL
GETZ/GILBERTO
LES LIAISONS DANGEREUSES
k.d.lang:Even Cowgigrls get the Blues
MUSIC INSPIRED AND TAKEN FROM UNDERGROUND
どれも影響範囲が不明瞭でオリジンが見分けがたい。多分にエスニック(不明な用語)が浸透している方へ偏ってるが、それでも発表当時の先端だったので、それらを消化する過程にあったと考えるべきだろう。面白いのはヒットしたものを取り入れようとする製作姿勢なんだが、ブルガリアやチベットは勿論、インドやペルー、アフリカさえも取り込まれてる。世界がフラットになるというのも何となく味気ないと思うので、クラシックの現代音楽を聞くようになったのだったか。

話がだいぶ逸れた。
先読みが出来る、つまり譜面を見て理論的に次の展開が分かる、というのとは違い、気配や雰囲気を感じてるような気がする。なので、次にもっと上手くなってる、と期待は出来ない。気配を感じたのは現在の自分で、それは技術が向上したからではないから、繰り返し弾いたとしても、上手くなってるとは限らない。手が和音を覚えて音を掴み易くなってるかも知れない。でも譜面を読んで演奏するというのは音楽の呼吸を整えることなので、音符の間に書かれていない微妙な隙間が生じたり、テンポを揺らしたりする。それは演奏にとって邪道かも知れない。しかし、それでしか音楽の
体裁を整えられない。いや、むしろそうすることで音楽が現われてくる。何故そうしようと思ったかは、やはり判らない。ただ譜面を見てると次に何かが潜んでる気配を感じる。その何かを見付けられたか、どうだか。それが何かを知るのが経験なんだろう。

音楽がここ最近どう変容したか、おそらく編集体系を整理した。内容や要素ではなく。




"Cuckoo" (Curve)


不明
"Ilha Brasil" (Joyce)




"Water From the Well" (The Chieftains)


"ISIS" (日向敏文)




"The Songs of Distant Earth" (Mike Oldfield)


"Homenaje a Carlos Gardel" (Carlos Gardel)




"Getz/Gilberto" (STAN GETZ / JOAO GILBERTO)





"Les Liaisons Dangereuses" (Art Blakey)


"Even Cowgirls Get the Blues" (Lang Kd)

|

« 視覚と聴覚、と | Main | 中断された読書 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

「危険な関係」は結局セロニアス・モンクの音が入ってないんだけど、でもジェラール・フィリップが表紙のこっちが良い。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005FEK5/249-6828601-8345121

それとMike Oldfield、持ってるのとジャケが違う。

Posted by: katute | 2006.06.19 10:18 AM

指使いについて。
習ったことがないので何が正しいのかわからないけど、経験的に『これは違う』というのはある。また、間違ってると思う場合でも『これが正しい』と感じることもある。手が憶えるなんて、と思ってても実際にあるのだ。初見に近いから曲を憶えてるのではない。手がけ意見値を積んでその場に対処してるのだろう。『プレイヤーピアノ』に、これは出来るのか?

Posted by: katute | 2006.06.20 09:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経験値と演奏:

« 視覚と聴覚、と | Main | 中断された読書 »