« 資本主義政治犯 | Main | チャルマーズ・ジョンソン »

2006.06.07

中世暗黒社会の再来?

よく言われるのが、政治の停滞による“中世暗黒社会”との類似性。
一説には、歴史書物的に記述すべき特徴のない非常に安定した時代だったとも聞く。
なるほど経済改革は話題に上るが、政治改革は何処吹く風だ。
財界の犬が政治を采配する風潮に義憤を感じるのが愛国者だった歴史が日本にはあるが、力の論理で“テロ”と呼ばれ蔑まれることとなり、政府も“愛国者”も互いに暴走し、政治結社はヤクザと同義語になった。
なのでヴォネガットの「しぶとく生き残れ」というメッセージが、逆説的で強力な、後向きな処世訓なのは、長いものに巻かれないための知恵だろう。

|

« 資本主義政治犯 | Main | チャルマーズ・ジョンソン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中世暗黒社会の再来?:

« 資本主義政治犯 | Main | チャルマーズ・ジョンソン »