« 間違ったレシピ | Main | Apple記事が出たのは »

2006.07.27

CD試聴紀

今回はたぶんファンの多い作家だし、自分の意見は特別だと思うので、自身の耳を信じて聞いてほしい。

Gosta NYSTROEM
Ishavet(La mer arctique),Poeme symphonique
Concerto for Viola and Orcestra,‘Hommage a la France’
Sinfonia concertante for Cello and Orchestra

Gerard Grisey
Vortex temporum
Talea

Gosta NYSTROEM
Ishavet(La mer arctique),Poeme symphonique
Concerto for Viola and Orcestra,‘Hommage a la France’
Sinfonia concertante for Cello and Orchestra
まず冒頭はペタッション(GAP)の8番と似てる。8番は海の上での出来事に聞こえるが、これは海って感じじゃない。観念的に過ぎる。楽器法や音楽の所作が似てる。協奏曲は古典的な急緩急で、何処か突飛な表情がルーセル的センスを思わせるが、それほどでもない無難な作品に仕上がってる。

Gerard Grisey
Vortex temporum
Talea
フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピアノ。後者はヴィオラなし。
唐突なミニマル風スケールの反復を取り入れたロンド形式とエピローグ(作家はこういう区切りや名称をしてないが)。出だしの音色に工夫がありブギウギするの?と期待してしまう。が現代音楽的ブレークが入ってエピソードを挟んでいく。音色的に飽きない。ミニマルを聞いてしまった耳にはエピローグは蛇足。特徴的な音域の使用が心地よさを誘う。ピアノの低音が特に良い、大変良い。ビートではなく緩やかなリズムにたゆたう感じがする。
自分の脳はこっち向きなんだね、きっと。
次の曲は特殊奏法で音色をいじり倒してるような感じ。アイデアとしては前者が勝ってるだろうか。
グリゼイは初めて聞いたけどなかなか毒が仕込まれてて興味深い。知り合いだったら相当嫌なタイプだったろうと勝手に思ったり。。。

先週からこの二枚を繰り返し聞いてるのに朝駅に着くとペトロフのあのオチャラケタ音楽が何故か頭の中をぐるうっと一回りする。

|

« 間違ったレシピ | Main | Apple記事が出たのは »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CD試聴紀:

« 間違ったレシピ | Main | Apple記事が出たのは »