« 雑感:ハウルの動く城 | Main | デンマークのエストニア人 »

2006.07.22

グルジェフ/ハルトマン

Gurdjieff / Hartmann
確か、ハルトマンがグルジェフに請われて、今で言う所のレジデンシャル・アーチストとして一緒に譜面を起こしたとか。
で、Music for the Piano Volume ㈵: Asian Songs and Rhythms (Wergo WER 6284-2)に収められた三巻に分冊された音楽は特にアジアの、という程の内容ではなく、昔日の、時代があやふやな悲歌と聞ける。
手遊びに弾くにはちょうど良さそうだ。
嫌いではない、どちらかと言えば好きな方だが、思想哲学的なものからは伺えないメランコリックな内容となってるので、内省的な時にピッタリな曲だ。

|

« 雑感:ハウルの動く城 | Main | デンマークのエストニア人 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グルジェフ/ハルトマン:

« 雑感:ハウルの動く城 | Main | デンマークのエストニア人 »