« 江戸の誘惑 | Main | KIRISK »

2006.08.18

東京IT新聞

東京IT新聞
早速配達された第2号の紙面に目を通した。
なんだか展示会でしかお目にかかれない業界紙のような面持ち。これがすべてなのだが、それでは不親切だろう。少し蛇足を加える。

どこで印刷してるのだろう。新聞組版がDTP化されて、この手の問題は解決に向かうのかと期待されてるはずなのだが、と様々な感慨が浮かぶ。
まずは見出しの処理。アッサリ目で軽いのは、横書きがゴシック、縦書きが明朝になってるからだろう。
次に用紙。手触りの好い平滑な紙面であるのはオフセット輪転だからだろう。
さて肝心の情報だが、さすがにこれを紙面で読もうとは思えない。紙媒体で伝えるのは場違いな印象を受ける。独自記事はあるのだろうか。これで週2回発行は続くだろうか?

フリーペーパー人気は、交通機関での移動の合間に読み切れることにある。
これを通勤電車では読まないだろうし、発行側も、これのポジションを社内読みとしてる。
業界の提灯でもなさそうだし、目的が飲み込めない。

編集デスクに心掛けてほしいことがある。縦組の中の欧文が読み難い。扱う内容から欧文は避けられないので工夫が必要だろう。

|

« 江戸の誘惑 | Main | KIRISK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京IT新聞:

« 江戸の誘惑 | Main | KIRISK »