« 三人目のスペクトル楽派 | Main | オーストラリア・アニメーション »

2006.10.29

読了『小国主義』




"小国主義―日本の近代を読みなおす" (田中 彰)


弟の推薦で借りて読んだ。
論評とかは出来ないので、感想。
久しぶりに、人文系の研究者のモノグラムを読んだ。
この本の主題は、反覇権主義・反帝国主義と解釈される『小国主義』を、その歴史的源泉の一つとして、岩倉使節団報告書に源を探り、現在の日本国憲法を、(一度は、大国主義の流れに飲まれてしまった)自由民権運動の中から生まれた私擬憲法案(小国主義)の発露と見る解釈。
今の政治家がとぼけてるのか、軍国主義、帝国主義の流れ(大国主義)に戻そうとしているのがよく判る。現憲法がGHQの押しつけと言うのも、歴史を見ないで都合のいい世界を見る現れなのだな。

|

« 三人目のスペクトル楽派 | Main | オーストラリア・アニメーション »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『小国主義』:

« 三人目のスペクトル楽派 | Main | オーストラリア・アニメーション »