« 双方向映画? | Main | 雑記 »

2006.11.27

(個人)スキャニングが流行る?!

聞き書きで個人出版をやってる知人と話してたら、古い本をamazonで売ったら取材費ぐらい稼げないかと言う。あれは値段をどう付ければ良いんだ?と。古書としてなら鑑札が必要だけど個人取引なら勝手にすれば良いはずだが、それよりも手数料が安いオークションを探したらどうかな。そもそも、それってどんな本?かと聞けば、歴史資料で手放してはいけないものだ。しかるべき所に寄贈するか、スキャンデータを頒布したら良いのではないか。
OCR掛けるのが面倒でも目次と見出しの対応ぐらいの作業は必要だろうけど、研究者向けの需要は見込めるだろう。
自宅にある忘れられた古本が意外と狙い目かも知れない。
老後の趣味に是非加えたいものだ。
>『スキャンデータの頒布』は著作権者以外には出来ない技だが、確か、Amazonの送料のバックマージンがあるから、単価が随分低くても、売り主はある程度儲かるらしいね。自分の本のどれを売れば良いのか判らんが。

|

« 双方向映画? | Main | 雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

知人が持ってるのは、海外での歴史的事件の裁判記録で数百ページあるそうで、紐解いただけで本が書けそうな気がする。
所で、個人でもgoogleやamazonにスキャニング頼めないものかなぁと思ってみる。でなければ、本を見開きスキャン出来る個人向けマシーンが発売されるとか(これは無理か)。

Posted by: katute | 2006.11.29 03:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference (個人)スキャニングが流行る?!:

« 双方向映画? | Main | 雑記 »