« 『クラウゼヴィッツの暗号文』 | Main | 読了本、読書中 »

2006.12.14

アニリール・セルカン登場だけど、

第113回「J.I. フォーラム」
切り拓く人たち

なんでしょう。。。

>こっちも聞きたかったが、噛み合ってなさそう。
第109回J.I.フォーラム
古武術とクオリア 〜丁々発止の切り結び〜
 私たちは歩くことすら「現代の常識」にとらわれすぎているのかもしれません。最近、スポーツ、音楽、介護など様々な分野で注目されている、日本古来の身体の動かし方を体系化している甲野善紀さん。
 一方、「クオリア」をキーワードに、脳と心について次々に大胆な発言をしている茂木健一郎さん。
 当代一流の武術家と脳科学者に体と心を通じた人間論をくり広げていただきます。あなたの人間力が一気にアップするかもしれませんよ。
● ゲスト
甲野 善紀 (武術家)
茂木 健一郎 (脳科学者)

|

« 『クラウゼヴィッツの暗号文』 | Main | 読了本、読書中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

Comments

アニリール・セルカン経歴詐称疑惑
http://blog.goo.ne.jp/11jigen/
http://www29.atwiki.jp/serkan_anilir/

【アニリール・セルカン氏についてのまとめ(主な結論)】

・アニリール・セルカン氏は「宇宙物理学者」であり11次元宇宙の研究で受賞したことになっていますが、氏を著者とする物理学に関する論文は一編も発表されていません。

・東京大学、およびJAXAのホームページ等で公表されていたセルカン氏の業績リストに掲載されていた物理学の論文は、現実には存在しない架空のものです。

・東京大学で公表されていたセルカン氏の業績リストに掲載されていた知的財産権2件については、一件は他人の特許であり、もう一件は存在しない特許です。

・「ケンブリッジ大学物理学部 特別科学賞 受賞」については記録もありませんし、そもそもセルカン氏は物理学の研究業績が皆無なので、物理学の研究によって(まともな)賞を授与されることはあり得ません。

・同様に、「America Medal of Honor(アメリカ名誉賞)」、U.S.Technology Award受賞の記録もありません。

・「プリンストン大学数学部講師」に就任したという記録もありません。またセルカン氏は数学分野の研究業績が皆無なので、数学部講師に就任するというこはまずあり得ません。

・セルカン氏は「宇宙飛行士候補」と言うことになっていますが、NASAの宇宙飛行士候補のリストにも、宇宙飛行士のリストにも掲載されていません。

Posted by: アニリール・セルカン経歴詐称疑惑 | 2009.10.01 09:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アニリール・セルカン登場だけど、:

« 『クラウゼヴィッツの暗号文』 | Main | 読了本、読書中 »