« オリガ・モリソヴナの反語法 | Main | 読了「こいわらい」 »

2006.12.30

セバスチャン・ナイト

例えば、
ノルディックサウンド広島Release Infomrationの、12月21日に
cpo 777 147-2 アウリス・サッリネン (1935-)
セバスチャン・ナイトのためのエレジー (Elegia Sebastian Knightille) 作品10 (チェロ独奏のための)
《セバスチャン・ナイトのためのエレジーによるメタモルフォーゼン (Metamorphosen from Elegia Sebastian Knightille)》
て作品があがってる。

セバスチャン・ナイトといえば、ナボコフのはずだが、そうした解説はついぞ目にしない。そうした諧謔を理解しないで音楽作品としてのみ聞くのは作品理解にとって万全ではない気がするが、クロスオーバーな受容者がいないということか。




"セバスチャン・ナイトの真実の生涯" (ウラジミル ナボコフ)

はなまるの偏愛の人々というサイトのウラジーミル・ナボコフのページから。
『香りあり温度あり季節あり‥こういう文を読むと「文体」というもの以上のものを感じる、そのようなことを初めて意識させられた作品でありました。
 ちなみに英米作家ガイド『サロン・ドット・コム』(研究社)では、この作品をナボコフ入門篇としておすすめしており、私も賛成。』

|

« オリガ・モリソヴナの反語法 | Main | 読了「こいわらい」 »

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference セバスチャン・ナイト:

« オリガ・モリソヴナの反語法 | Main | 読了「こいわらい」 »