« 閉鎖の案内 | Main | 忘年会シーズンのスケッチ »

2006.12.23

ブックオフで購入

三谷樹『頭のいい人がしている究極の手帳術―スケジューリング、ひらめき・アイディア、何気ないスゴ技の保存!
ハンス・ウルリッヒ・グリム『悪魔の鍋―「食」のグローバル化が世界を脅かす
高杉良『ザエクセレントカンパニー』署名落款入り
チンギス・アイトマートフ『この星でいちばん美しい愛の物語
米原万里『オリガ・モリソヴナの反語法
マイケル・ルイス『ネクスト
合計 ¥1,275.-

>すまん、年明けまで貸しておいて。

|

« 閉鎖の案内 | Main | 忘年会シーズンのスケッチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

高杉良『ザエクセレントカンパニー』
ペーパーバックで十分なほど、何でこんなに頁数を割いて薄い内容なんだろう。小説としての文章力が怪しいといったら言い過ぎか?週刊誌連載では、こんな軽薄文で良いだろうが、単行本は許されないのではないかと思う。担当編集者が描いたポジションの問題かもしれない。
ただ、この本を読んで、日経と著者とが株主権を争ってる背景だけは分かった。

Posted by: katute | 2007.01.03 at 04:30 PM

またしつこく『ザエクセレントカンパニー』。
東洋水産との特許係争について『燃ゆるとき』を読むべきか、でも。。。

日本の「カップヌードル王」、96歳で死去
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200701060011.html
安藤百福、逝く
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2007/01/post_81ce.html

Posted by: katute | 2007.01.06 at 07:47 PM

チンギス・アイトマートフ『この星でいちばん美しい愛の物語』が出版されたのは大きな戦争が終わって10年ほど過ぎた1948年。日本語訳はそれから40年後でようやく20世紀に間に合った格好だ。語り部の視点が邪魔になるかも知れない、それでも思い返すたびに涙腺が緩むような気がする。美しいと感じたものを偶像化するための記録のように受け留めたら興ざめか。

Posted by: katute | 2007.01.11 at 02:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/13214625

Listed below are links to weblogs that reference ブックオフで購入:

« 閉鎖の案内 | Main | 忘年会シーズンのスケッチ »