« 新日曜美術館 | Main | 読了『デカルトの暗号手稿』 »

2006.12.03

画像検索の夢

例えば、テキスト検索なら、それを使って存在しない単語を見付けようとするだろう。同じような発想から、応用として、コラージュ作品を作るための素材を探そうとした場合は、単語ほど容易ではないから、選別のために膨大な作業時間が必要だろう。

シュヴァンクマイエルの、アニメーションの基本はコラージュだ。コラージュ画面をアニメーションとして動かそうとするものだ。それは東欧の伝統で見れば操り人形劇の延長とも捉えられるのではないだろうか。
思えば、パラジャーノフのコラージュは正統な写真家のそれだ。そして物語を描く映画でも写真家の発想に基づいてる。例えるならエルスケン『セーヌ左岸の恋』のように画面からフィクションを抽出するように。パラジャーノフ映画は静止画を映画カメラで撮影してるようなものだ。そのため良くも悪くも、いったん動き始めると撮影された画面は即興性を帯びてしまう。

さて、それで、画像検索する場合に、何を探そうとするか考えてみる。
意図した具体的な情景を見付けるのはレンポジのカタログを検索するようなことになるだろうか?それとも、条件をいくつか挙げるのか?
初めに考えたのは、原始宗教のように聖なる印を見付けようとするのではないか、と思ったが、抽象的すぎるような気がした。
現在でもサイト内での宝物探しなんてやってるのかな?

それとも、いま自分が手にしてる端末のシルエットを検索したらネット上のあらゆる画像とマッチングして、その物ズバリの画像がヒットして、監視衛星の存在が判ったりするのだろうか。
あるいは古代の遺蹟や惑星の地表模様とか、誰かの顔のシミと?

さらには、そこにあった音や匂いを波形として検索するとか。会話を盗聴できそうだし、人体の成分分析で特定するとか出来そうだ。その時に人の意志って科学成分で分析できるとしたら心も科学反応なのか、という古くからの論争が少し進みそうじゃないか。

|

« 新日曜美術館 | Main | 読了『デカルトの暗号手稿』 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 画像検索の夢:

« 新日曜美術館 | Main | 読了『デカルトの暗号手稿』 »