« ショスタコヴィッチ・ブランド | Main | テレビ雑感 »

2006.12.18

そこに足跡があると言われたら

江島健太郎「グーグルが無敵ではないことはエンジニアだけが知っている」を読んで頭に浮かんだのは、しつこいけどポー・ブロンソン『シリコンバレーに行きたいか!』の「プログラマー」の章だった。
(ラップで話をする? 日本とはずいぶん異なるね。)

ラインホルト・メスナーは技術的な向上を目指し、同じ山においても、それによって、より困難な難易度の高い登攀に成功してきた。そこには既に足跡がついているが、さらに困難なルート、装備、条件を課して、ハードルを上げてきた。

または登山者以外のために、踏み固めて、道を拓いても良いのだ。

(何を言いたいのか自分でも良くわからない。たぶん、よく踏み締めろってことだろう。)
>そうなんだけどね。運か。

|

« ショスタコヴィッチ・ブランド | Main | テレビ雑感 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference そこに足跡があると言われたら:

« ショスタコヴィッチ・ブランド | Main | テレビ雑感 »