« CARLOS SURINACH | Main | vista発売の秋葉原って »

2007.01.31

この議論は不毛だ。

新聞雑誌の記者らに規定される表記法(外部用に販売もされてる)を見たことない人たちには不思議に思えるのかもしれないが、マスコミや出版社ごとに政府や工業組合(JIS)の意向を汲んだルールが定められてる。
ここで↓と同様な意見は既に本田勝一の『日本語の作文技術』か『ルポルタージュの方法』に集約されてる。

素直な疑問:数字には四桁ごとにテンを打った方が日本人には読みやすくないか?

>これは『当たり前じゃん!』と思った自分に対するリトマス試験紙のようなものと思う。それと気になったのは、議論の中で、学校では、和式と洋式の両方を習ったと言う人々が出て来た。

|

« CARLOS SURINACH | Main | vista発売の秋葉原って »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

どういう習慣で接するか、でしかないよね。
印刷されたものは、例えば、独特な文体に接すると読み手は自家薬籠中のものとしない限り吃音してしまうし。
(画像読み取りとしての速読ではなく)文字の視認能力として文字を読み取る時は群として認識してるだろうし、漢字だって文脈から異なる読みを得てる。
それはアルファベットで構成されてる文章だってそうじゃないか。
数字を文字として認識してないからの錯覚にしか過ぎないのではないかと意地悪を言いたくなる。例えば歴史事件を論理式記述する場合の方法論は無数にあるだろう。その内の一つか二つで不慣れな自分を責めることはないよ、と。

Posted by: katute | 2007.02.02 10:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この議論は不毛だ。:

« CARLOS SURINACH | Main | vista発売の秋葉原って »