« 奥州安達原 ク・ナウカ 2月の公演 | Main | これiPodで何とかなんないのか? »

2007.01.23

新しい楽器と新しい音楽

楽器見本市からの報告記事。

Rhodes Mark 7

これに、トリスタン・ミュライユが新曲を書いてくれるのだろうか。

トリスタン・ミュライユの説明↓は、無断引用禁止になってる。

スペクトル音楽
「T.ミュライユは、オンド・マルトノの奏者でもあり、電子楽器に対する興味から、その作品には伝統楽器のみならず、オンド��ぢマルトノを使用するもの(《マッハ2.5 Mach 2,5》1971/75、《空間の流れ Les Courants de l'espace》1979)や、YAMAHADX7などのシンセサイザーを使用するもの(《アトランティス Atlantys》1984、《失われた都の幻影 Vision de la Cite Interdite》1986)も含まれる。」

|

« 奥州安達原 ク・ナウカ 2月の公演 | Main | これiPodで何とかなんないのか? »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新しい楽器と新しい音楽:

« 奥州安達原 ク・ナウカ 2月の公演 | Main | これiPodで何とかなんないのか? »