« 流行を見る目 | Main | 昨日の「ETV特集」 »

2007.02.11

読了『夜は短し、歩けよ乙女』

実は、病院の待ち合い時間の間に読んでしまって、習慣になりかけている付箋をつけてなかったので、家に帰ってから、『夜は短し、歩けよ乙女』に付箋を付けた。
4カ所。
お友達パンチ、李白老人との決闘場面、古本市の神様による偶然隣り合わせた本達の因縁話、幻の風邪薬。
主人公の二人に名前の無い珍しい恋愛小説、この作者、確か、妄想系の話でデビューしたと思ったが、小説の魅力が、論理構成だけではなく、その語り口にある事を堪能出来る冒険綺譚でもある。
第一、あの天狗って何だ。それは措くとして、お友達パンチは、見舞う相手が少なすぎるし、先輩が見舞われる場面は妄想の中だけではないか。李白老人との決闘は、映画『ピンポン』のクライマックス、中村獅堂との一騎打ちでの解放されたシーンのようだ。後の2つの付箋は自分なりの興味だ。この辺りから、本格的に、恋愛小説になる(この前まではストーカー小説にもなってなくて、面白い冒険滑稽談だ)。
上を知った上でなら、お勧めできる。




"夜は短し歩けよ乙女" (森見 登美彦)

|

« 流行を見る目 | Main | 昨日の「ETV特集」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/13864331

Listed below are links to weblogs that reference 読了『夜は短し、歩けよ乙女』:

« 流行を見る目 | Main | 昨日の「ETV特集」 »