« そういう意見 | Main | アドビの軸足 »

2007.03.29

統計的機械翻訳=本が本を読む

しかし27日マウンテンビュー発ロイター「Googleは機械翻訳を変革する」のシュミットCEO発言「極めて多くの社会が、特定言語に縛られるコミュニティーで運営されてきた。そこでは、人々はほかの社会の人々の考え方を本当には理解していないし、彼らの考え方にあまり共感もしない。言語の壁があるからだ。だが、われわれはまさにその壁を突破しようとしている。これは画期的ことだ」は、良くてフライングだ。
実質的に互いの理解を隔てたのは言語ではない。
なんだか鎖国に宣教師を潜入させるような考え方をシュミットCEOが抱いてるようで怪しい。
リアル世界の労力と予算をクリーンなバーチャル技術へ移植するシリコンバレーが、たっぷりと軍産複合体の予算を吸収して余りあるのは紛れもない現実ということか。
まさに翻訳しきれないことこそが精神であったということなのかも知れない。

>関連ページ
ここまできた機械翻訳
忘れてはいけない『bookscanner記
ついでに、Googleで「統計的機械翻訳」を検索

|

« そういう意見 | Main | アドビの軸足 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Googleは機械翻訳を変革する
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/29/news043.html

Posted by: katute | 2007.03.30 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 統計的機械翻訳=本が本を読む:

« そういう意見 | Main | アドビの軸足 »