« 結局デバイスはこうか? | Main | 教えてあげたいけど出来ない »

2007.03.20

FW:本の会周辺のさまざまな会のお知らせ

面倒なので全文転送。

---------------------------------

昨晩の本の会は大変盛況で、立ち見まで出るほどでした。
立ってお話を聞かれた方には、本当に申し訳ありません
でした。

本の会に参加している方々から、いろいろな勉強会のお
知らせがまいります。本日は、まとめて、そのお知らせ
をさせていただきます。

なお、次回本の会は、4月26日(木曜日)講演者は、
トランスビューの工藤秀之氏で講演タイトルは、
「トランスビュー方式を検証する」です。

***********************************************
本郷クラブ4月公開講座
***********************************************
講演「私にとっての『夢千代日記』」
日時 2007年4月7日(土)午後3時~
男女平等センター研修室A
2時半 開場
3時~ テレビドラマ「夢千代日記」
第一話~三話上映
5時~ 講演
上映作品 『夢千代日記』
第8回放送文化基金賞奨励賞授賞
第14回テレビ大賞優秀番組賞受賞
作/早坂 暁 演出/深町幸男・松本美彦 音楽/武満 徹
出演/吉永小百合、林隆三、秋吉久美子、樹木希林、楠トシエ、
片桐夕子ほか

講師 早坂暁氏(脚本家)
会費 1000円
早坂暁氏プロフィール
1929年8月11日愛媛県松山市生まれ。小説家、脚本家。松山
中学を経て、旧制松山高等学校卒業後、日本大学芸術学部演劇
科卒。雑誌記者、編集長を経て「ガラスの部屋」(六一年日本
テレビ)で脚本家デビュー。以後、数々の映画やドラマの脚本
を手がけ、小説やドキュメンタリーも執筆。人間をテーマにし
た独自の作風を築く。代表作は「夢千代日記」「空海」「花へ
んろ」「天下御免」など。 新田次郎文学賞、講談社エッセイ賞、
放送文化基金賞、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、芸術祭優秀
賞、放送文化賞ほか多数の受賞歴。
遍路道の商家で生まれ育ち幼少の頃からお遍路さんに接してき
た経験から遍路(四国八十八カ所)に関する作品や論評が多い。
また、必殺シリーズのオープニングナレーションも務めていた。

***********************************************
★サムライの会・第30回例会
***********************************************
今回は著書「グーグル八分とは何か」が話題の吉本敏洋氏をお招きします。「グーグ
ル八分」とは、検索エンジン「グーグル」で、本来、上位に表示にされるべきサイト
が検索結果に出てこない状況を、「村八分」になぞらえて表現した言葉です。ネット
における検閲といえる行為ですが、吉本氏がその存在を明らかにして、「グーグル」
側も行為を認めたために大きな波紋を呼びました。会では様々な「グーグル八分」の
実態と、ネットにおける表現の自由についてお聞きします。司会をフリーライターの
藤倉善郎氏(カルト問題に詳しい)にお願いしています。ぜひ、お運びください。

講師: 吉本敏洋(よしもと・としひろ)氏
1972年、 福岡県生まれ。筑波大学自然学類(物理学専攻)を卒業。本
業はコンピュータプログラマ。ウェッブサイトの運営や消費者問題に関する活動を趣
味とし、運営サイト「悪徳商法?マニアックス」が注目される。ネットの世界では、
知る人ぞ知る存在。→http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/

司会: 藤倉善郎(ふじくら・よしろう)氏
1974年東京生まれ。北海道大学文学部(国語国文科)中退。カルト宗
教や自己啓発セミナーの被害と反カルト運動の害悪を取材するフリーライター。「日
刊ゲンダイ」「月刊宝島」ではレジャーやビジネス記事を中心に執筆し、ブログ「宗
教&カルト・ウォッチ」を運営。 →http://cultwatching.cocolog-nifty.com/cult/

演題: 「検索万能時代の情報リテラシー」

日時: 4月12日(木)午後6時半~

会費: 3000円(軽食つき)

場所: 「ル・パン」 港区麻布台1-11-2星野ビル2階    (東京メトロ神谷町
駅下車1番出口、東京タワー方面徒歩5分、飯倉交差点角 螺旋階段昇る)

事務局:倉内慎哉(日新報道) TEL070-6667-0822

***********************************************
『洋書の森』正式オープン記念・交流会のご案内
***********************************************

日時 4月4日(水)17時30分より
会場 日本出版クラブ会館
会費 5000円(当日受付でお支払い下さい)
申込 下記メールに、
お名前、会社名(なくても可)を添えて、
「参加します」とご返信下さい。

--------------------------------------------

「洋書の森」は1月10日の仮オープン以来、はや三ヶ月を迎えようとしています。

この間、皆様から寄せられた熱い期待に応え、さらにより良い「洋書の森」を目指し
て、いよいよ4月5日に正式オープンいたします。そして、これを記念して「『洋書
の森』正式オープン記念・交流会」を開催いたします。

会の趣旨は、翻訳者、出版社、エージェンシー、コーディネーターのほか、翻訳に関
係するすべての方がたの一層の交流と翻訳出版のますますの隆盛を図ることにありま
す。人脈構築にも最適です。

そのため、エージェンシー各社さんには、パーティ会場内にミニコーナーを設けてい
ただくことを企画しています。お知り合いがいなくても、この場を接点に、交流が広
がります。翻訳経験の浅い方には、役に立つお話もたくさん聞けると思います。
皆様お誘い合わせの上お越し下さい。
4月4日は、出版クラブへ!
お待ちしております!
-----------------------------
財団法人日本出版クラブ
「洋書の森」事務局
〒162-0828
東京都新宿区袋町6番地
Tel  03-3260-5271
Fax 03-3267-6095
Mail okonogi@shuppan-club.jp
URL http://www.shuppan-club.jp
-----------------------------

|

« 結局デバイスはこうか? | Main | 教えてあげたいけど出来ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/14408551

Listed below are links to weblogs that reference FW:本の会周辺のさまざまな会のお知らせ:

« 結局デバイスはこうか? | Main | 教えてあげたいけど出来ない »