« 情報照会サービスってのは違法か? | Main | 帰国運動批判(?)英文 »

2007.04.03

中野幹隆

正直まるで存じ上げなかった。
そんな気骨ある人が居たのか。


=============================

Subject: [topos:12272] 風のメモワール1■中野幹隆・追悼

そのときどきに気になったさまざまなことを
忘れない程度に、メモ程度に書いておこうということで
始めてみることにしたシリーズです。

風のメモワール1■中野幹隆・追悼

雑誌en-taxi spring 2007の「The Last Waltz」という
追悼コーナーで紹介されていたので、
「中野幹隆」って?と思っていたら、
この人、『現代思想』や『エピステーメー』、『週刊本』などを
立ち上げた「伝説のアカデミ系編集者」で、
やがて朝日出版社を追われ、
哲学書房というたった一人の出版者を立ち上げたという。
そしてこの1月14日、63歳で亡くなった。

この記事の最後に
「あんな編集者、もう二度と出てこない」とある。
この追悼記事を書いているのは、ぼくとほぼ同世代の中森明夫。
ぼくの本棚には、いまでも『エピステーメー』や『週刊本』、
当時の『現代思想』などが、郷愁を伴いながら一群の場所を占めていたりする。
とはいえ、中野幹隆という編集者の名前は記憶になかったりする。
その理由を中森明夫はこう記している。
「松岡正剛、三浦雅士、安原顯らニューアカ・ブームを仕掛けたと称する
イモ連中と違って、幹隆さんは自己宣伝がヘタだった。」
「イモ連中」とは手厳しいが、
「その正体は知られていない」というように
ある種の孤高の美学をもっていたのかもしれない。

中野幹隆という人のことをほとんど知らないままではあるが、
30年ほど前の自分への郷愁も含めて、記しておくことにする。

しかし、中野幹隆は、なぜ朝日出版社を追われたのだろう?

--
☆☆☆KAZE(topos)☆☆☆

----------------------------------

で、「なぜ」を少し調べてみたが、判らない。

季刊誌「パイデイア」の誌名の由来

『エピステーメーII 0号』第2期 1984年 朝日出版社 ほか

哲学書房社主、中野幹隆さん(1943-2007)の軌跡

時代の終焉:中野幹隆の死

中野幹隆時代の終焉(承前)

中野幹隆氏死去(1月14日)

「追悼・中野幹隆」

中野幹隆さんのこと

ある編集者の死 (哲学書房中野幹隆氏追悼)

【週刊読書人】 危機の出版界における貴重な提言

昔、「エピステーメー」という思想雑誌がありました。

|

« 情報照会サービスってのは違法か? | Main | 帰国運動批判(?)英文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/14831715

Listed below are links to weblogs that reference 中野幹隆:

« 情報照会サービスってのは違法か? | Main | 帰国運動批判(?)英文 »