« 「見える化について」の記事 | Main | SNS時点検索は不要? »

2007.05.14

a people's music

このタイトルは何故?なんだが、ショートムーヴィーとして見れば、まぁ悪くはない。ロシアは今もタルコフスキーの頃と変わらない。
そして、始めの方に少し見える録音風景と機材が「えっ?」てほどお手軽だ。
録音技師ってのは、その昔フォノグラフを担いで音楽採集した連中の末裔なんだろうか。そんな錯覚を抱くほど驚いた。

ruth palmer

via>:
Ruth Palmerのショスタコーヴィチ

>何だか、重い。レクター、米原、アウステルリッツ、佐藤亜紀、全部つながってる...

|

« 「見える化について」の記事 | Main | SNS時点検索は不要? »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference a people's music:

« 「見える化について」の記事 | Main | SNS時点検索は不要? »