« 購入本 | Main | 新聞読まなくなった宣言を考える »

2007.05.04

音楽雑記:光陰矢の如し

Allan Pettersson Symphony No 12
上演されるとネットに情報が流れ、録音盤がリリースされると知ったのが04年。昨年発売された時に話題になるかと思いきや、全集セットが売り出されても、それほどでもなかった。
新品より1,000円近く安い新古品を見付けて、ひとりのぼせ上がってしまった。

MUSIC FOR RECORDER FROM THE RENAISSANCE AND BAROQUE
その昔、伝説のリンデの「涙のパパーヌ」、ラゴスニック(今の日本語綴りはラゴスニッヒ)と共演したアレが入ってる。録音クレジットを見ると70年、もう40年近く前の物なんだな。権利関係が10行ほど印されてる。
ヘンデルのソナタとの二枚組、1,200円くらい。当時の録音なので、どちらも40分前後の録音。

Technorati Tags:

|

« 購入本 | Main | 新聞読まなくなった宣言を考える »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 音楽雑記:光陰矢の如し:

« 購入本 | Main | 新聞読まなくなった宣言を考える »