« 記念アルバム | Main | 雑記(シンクロニシティ?) »

2007.07.04

Minimal Piano Collection

Jeroen van Veenの9枚組ピアノ曲集。
どうせ落穂拾い的にアンソロジーを集めたんだろうくらいに思ってた。

データを見ると昨年9月23−28日の6日間で録音されてる(!)。

自作の24の前奏曲を二枚に渡って録音してるが、9枚の内3枚はフィリップ・グラス、他にはマイケル・ナイマンやシメオン・ホルトもあるが、それはまだ良いとして、ほぼ1時間を要するものを二曲も入れてる(テリー・ライリーのIn Cとか)。

このスケージュールだと一発OK以外ありえない。なんてスタミナ野郎だ。

|

« 記念アルバム | Main | 雑記(シンクロニシティ?) »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

自作自演の24の前奏曲にピアノの構造的音響的な追求を感じるが、作品としては音楽思想的な中断ではないのだろう。発展を放棄するのがミニマルと思ってるのかもしれないと、思わされる。
録音に関しては、ちょっと生理的に我慢ならない部分もある。打鍵反響か調律の雑味が頂けない。ペダルの踏みかえで何とかなるのだから調律かもしれない。
3枚も録音してるP.グラスよりも、ここで注目すべきはマイケル・ナイマンだろう。音楽の内容が豊穣なのだ。メロディもハーモニーも、ロマン派的と言われたらそれまでかもしれないが、ピアノ技術的にもダレなくて良い。

Posted by: katute | 2007.07.16 12:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Minimal Piano Collection:

« 記念アルバム | Main | 雑記(シンクロニシティ?) »