« Minimal Piano Collection | Main | 簡潔にまとまってます。 »

2007.07.04

雑記(シンクロニシティ?)

総連本部売却問題の記事を読んでて気付いたのは産経サイトは総連が被害者となった瞬間、黙り込んでしまって、ようやくに関連記事が新たに現れたのは、逮捕者の罪状を書き立てるのではなく、彼らの活動の背後を匂わすものだった。
つまり官邸を扇の要とした諜報組織の綱引きという図式は書きたくないらしい。それで一瞬の沈黙が生じたようだ。政治判断にそれだけの時間が必要だったということだろう。

それにしても、絶妙なタイミングだった。不謹慎だけれど、そう言わざるをえない。宮沢さんは首相になったのが既に時遅しで、政界への功労は肝心な内幕を喋らなかったことではないか。

宮沢氏の追悼文で新井将敬を取り上げてるものがあって、悲喜交々に感じることもあったが、その記事とは意見を同じくは出来なかった。新井その人で政治が動くのではなく、それを取り巻く力学があると思うからだ。
そして、在日社会は新井の挫折に打ちのめされたとするなら、ベンチャー起業に夢を抱いたIT指向家たちはホリエモンに同じ思いを見たのではないか、と。
そうであればこそ、安倍首相を正視する必要を益々強く感じるのだ。

日経で立花隆が追悼記事の締めで、宮沢を下げるのに、平気で小泉を上げて見せる。
他の筆者よりは気が利いた記事を書いてはいるが。宮沢に小泉の勇気ある行動力があれば失われた十年はなかったなんて、そんなオチ期待する読者はいないだろう。

|

« Minimal Piano Collection | Main | 簡潔にまとまってます。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記(シンクロニシティ?):

« Minimal Piano Collection | Main | 簡潔にまとまってます。 »