« TVCM同時放映に思う | Main | 何かをしたいと望まない音楽? »

2007.07.26

広告的雑記

AOL+Tacoda
行動ターゲティングは、アフォーダンスやコンシェルジュのようなものだろうと思ってるので、どうもなぁ。なんか病院がホテルにホスピタリティを学ぶみたいな感じがするのだ。いわば「くすぐったい」。

「パブリックな意識」と「学習の高速道路」
情報開示のタイミングとストレージ戦略みたいなことを考えないと、実際には、公にしても共有は出来ないと思う。普段の仲間内での会話でも、それぞれの歴史背景(世代論というか、需要背景が刷り込まれてる場合のバイアスなど)を無視した認識共有が困難なように、下手をするとヘゲモニー合戦になってしまって疲れる時間を過ごすだけだ。
それにしても、どうしてほとんどの人たちはイニシアチブを取ることばかりに拘ってしまうのだろう。
(時期的にも、政権奪取を目指して候補者名を連呼する選挙活動が実を結ぶ不思議を思わずにいられない。)

|

« TVCM同時放映に思う | Main | 何かをしたいと望まない音楽? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広告的雑記:

« TVCM同時放映に思う | Main | 何かをしたいと望まない音楽? »