« 笑ってられない笑い話 | Main | ゾーンだ »

2007.07.12

購入予定本

誰か買ってくれないかな。
後、抜けがあったら、知らせてくれ。>弟、妹。
買った本は一部、カット。
あまりに長くなったので、後ろにまわす。
今後、もしかすると、図書館で借りるものも出て来るだろう。

Technorati Tags:

"ちょっと本気な千夜千冊虎の巻―読書術免許皆伝" (松岡 正剛) やはり読まないとダメか。
"五味太郎・言葉図鑑 全10巻" (偕成社)
"あいうえおつきメモリーカード―知育 2さいから" (わらべ きみか)
"Programming in Haskell" (Graham Hutton)
"書店繁盛記" (田口 久美子)
"ポアンカレ予想を解いた数学者" (ドナル・オシア)
"プロジェクトマネジメント現場マニュアル" (能登原 伸二)
"跳び箱ができる!自転車に乗れる!" (下山 真二)
"経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには" (大竹 文雄)
"星新一 一〇〇一話をつくった人" (最相 葉月)
"プログラムのからくりを解く ルート検索や料金計算はどうやっているの? [サイエンス・アイ新書]" (高橋 麻奈)
"不況のメカニズム―ケインズ「一般理論」から新たな「不況動学」へ" (小野 善康)
"サルになれなかった僕たち―なぜ外資系金融機関は高給取りなのか" (ジョン・ロルフ, ピーター・トゥルーブ)
"ウィトゲンシュタイン―天才哲学者の思い出" (ノーマン・マルコム, 板坂 元)
"医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か" (小松 秀樹)
"問題解決プロフェッショナル「思考と技術」" (齋藤 嘉則, グロービス) いいのか?
"ウェブがわかる本" (大向 一輝)
"JavaからRubyへ ―マネージャのための実践移行ガイド" (Bruce A. Tate)
"The Haskell Road To Logic, Maths And Programming (Texts in Computing S.)" (Kees Doets, Jan van Eijck)
"生命保険入門" (出口 治明)
"鹿男あをによし" (万城目 学)
"図書館に訊け!" (井上 真琴)
"暗算の達人" (アーサー・ベンジャミン, マイケル・シェルマー)
"Computer Science Unplugged"は、1冊の赤い本が教えること---李元揆韓国・高麗大学教授インタビュー(2)で紹介されているがAmazonで出ないよう!
"CD‐ROM付 目標を突破する 実践プロジェクトマネジメント" (岸良 裕司) こういうのも読まねば。
"会議力" (奥出 直人)
"Built with Processing —デザイン/アートのためのプログラミング入門" (前川 峻志, 田中 孝太郎)
"数に強くなる" (畑村 洋太郎)
"京城トロイカ" (安 載成)
"On LISP: Advanced Techniques for Common LISP" (Paul Graham)日本語版の『On Lisp―Advanced Techniques for Common Lisp(ポール グレアム)
"未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―" (菅谷 明子)
"百年の愚行 ONE HUNDRED YEARS OF IDIOCY [普及版]" (小崎 哲哉, Think the Earth Project)
"物理と数学の不思議な関係―遠くて近い二つの「科学」" (マルコム・E. ラインズ)文庫になってお安くなったのだな。
"学者のウソ" (掛谷 英紀)小飼さん特選
"不完全性定理―数学的体系のあゆみ" (野崎 昭弘)
"徴税権力―国税庁の研究" (落合 博実)
"ドラッカー入門―万人のための帝王学を求めて" (上田 惇生)
"JavaScript" (デイビッド フラナガン)これの最新版が良いんだって
"まるごとJavaScript & Ajax ! Vol.1" (天野 仁史, 舘野 祐一, 川崎 有亮, 子飼 弾, arton, 田中 孝太郎, 国分 裕, 山本 有悟, 竹迫 良範, 奥 一穂)
"ソルビム―お正月の晴れ着" (ペ ヒョンジュ, ピョン キジャ)
"信頼" (アルフォンソ リンギス) 良さげだ。
"選書775 日本史・世界史 同時代比較年表 そのとき地球の裏側で" (楠木 誠一郎)
"いいたかないけど数学者なのだ" (飯高 茂)
"影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか" (社会行動研究会, ロバート・B・チャルディーニ)
"入門GNU Emacs" (デボラ キャメロン, エリック レイモンド, ビル ローゼンブラッド)
"パックス・モンゴリカ―チンギス・ハンがつくった新世界" (ジャック ウェザーフォード)
"アンビエント・ファインダビリティ―ウェブ、検索、そしてコミュニケーションをめぐる旅" (ピーター モービル) ogijunのあとで書く日記:2006年に読んだ本ベスト7で紹介。
"系統樹思考の世界" (三中 信宏)
"女が映画を作るとき" (浜野 佐知) ピンク映画の女監督が尾崎翠の第七官界彷徨を撮る経緯!すごい
"「負けるが勝ち」の生き残り戦略―なぜ自分のことばかり考えるやつは滅びるか" (泰中 啓一)
"渋滞学" (西成 活裕)
"ぼくがカンガルーに出会ったころ" (浅倉 久志)
"伝記 ジェームズ・ギブソン―知覚理論の革命" (エドワード リード)
"宇宙エレベーター" (アニリール・セルカン)
"Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~" (田口 元, 安藤 幸央, 平林 純, 角 征典, 和田 卓人, 金子 順, 角谷 信太郎) <ーようやく立ち読みしてみたが、面白く無さそうだが。
"志学数学―研究の諸段階・発表の工夫" (伊原 康隆)
"統計数学を疑う なぜ実感とズレるのか?" (門倉 貴史)
"アフォーダンスの発見―ジェームズ・ギブソンとともに" (エレノア・J. ギブソン)
"自分の小さな「箱」から脱出する方法" (アービンガー・インスティチュート)
"游仙枕―中国昔話大集" (アルファポリス)
"夢と魅惑の全体主義" (井上 章一)
"セレブをおとす英会話―価値ある女性になるために" (マダム・ロセス)H-Yamaguchi氏が絶賛
"「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いか―弁護士が教える論理的な話し方の技術" (谷原 誠)
四手井淑子『きのこ学騒動記』は絶版か?
"きのこ学放浪記―晩学のすすめ" (四手井 淑子)
"キノコ物語" (四手井 淑子)
"キノコ手帖" (木原 浩, 四手井 淑子)
"物理学の未来" (ロバート・B・ラフリン)
"ガリレオの指―現代科学を動かす10大理論" (ピーター アトキンス)
"トンデモ科学の見破りかた -もしかしたら本当かもしれない9つの奇説" (ロバート・アーリック)
"「失敗をゼロにする」のウソ" (飯野 謙次)
"デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則" (トム デマルコ)
"無限と連続―現代数学の展望" (遠山 啓)
"全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦" (ジム クレイマー)
"自分のすべてを韓国語で口にできる本" (成瀬 武史, 小倉 夏香)
"自分のすべてを中国語で口にできる本" (成瀬 武史, 千島 英一)
"オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ" (吉田 武)
"素数夜曲―女王の誘惑" (吉田 武)
"知的複眼思考法―誰でも持っている創造力のスイッチ" (苅谷 剛彦)
"悪魔のささやき" (加賀 乙彦)
"論争 格差社会" (文藝春秋)
"日本とフランス 二つの民主主義" (薬師院 仁志)
"江青に妬まれた女―ファーストレディ王光美の人生" (譚 〓美)
"韓国の美味しい町" (鄭 銀淑)
"女帝 わが名は則天武后" (山颯)
"碁を打つ女" (シャン・サ)
"憲法九条を世界遺産に" (太田 光, 中沢 新一)
"クリプトノミコン〈1〉チューリング" (ニール スティーヴンスン)
"クリプトノミコン〈2〉エニグマ" (ニール スティーヴンスン)
"クリプトノミコン〈3〉アレトゥサ" (ニール スティーヴンスン)
"クリプトノミコン〈4〉データヘブン" (ニール スティーヴンスン)
"虚数" (スタニスワフ レム)
"未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―" (菅谷 明子)
"人類が知っていることすべての短い歴史" (ビル ブライソン)
"夏化粧" (池上 永一)
"浪漫疾風録" (生島 治郎)小林信彦と早稲田の同期!
"インターネットは貧者の味方!―アメリカ文化サイトを歩くには" (青山 南)
"世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白" (斉藤 寅)
"直伝 藤巻流「私の個人資産」運用法" (藤巻 健史)
"さまよえる天使" (柾 悟郎)
"私は韓国人。でも日本文化がスキだ!" (金 智龍)<−一寸前のだけど、気になる。
"新しい金融秩序―来るべき巨大リスクに備える" (ロバート・シラー)<−−良さそうだ。 "「新しい金融秩序:来るべき巨大リスクに備える」"で知った。
"使える!確率的思考" (小島 寛之)
Mind Hacks <−サンプルPDFが落とせるのだが。
"Joel on Software―ソフトウェア開発者、設計者、マネージャ、それに幸か不幸か何らかの形で彼らと働く羽" (Joel Spolsky)
"入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語" (向井 淳)
"山田章博の世界 ファンタジー アートワークス" (山田 章博)
"金融工学20年~20世紀エンジニアの冒険" (今野 浩)

(購入済みをカット)
以下は、購入しないかも知れない本
"シャドウ・オーキッド" (柾 悟郎)<−これは一寸、あれだったかな。
"僕の妻はエイリアン 「高機能自閉症」との不思議な結婚生活" (泉 流星)
"入管戦記―「在日」差別、「日系人」問題、外国人犯罪と、日本の近未来" (坂中 英徳)<−賛否両論あるなぁ。「初めは進歩的だったが、何故、保守派に転向したか」の言い訳と取る向きもあれば、正逆両面で今後の日本の進む道を示したとか、取りようはあるみたいだ。
下は技術系。
"スティーブ・ジョブズ-偶像復活" (ジェフリー・S・ヤング, ウィリアム・L・サイモン)<−これは、曰く付きの本ではないか。
"レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏" (アンディ ハーツフェルド)
"Subversion実践入門—達人プログラマに学ぶバージョン管理" (Mike Mason)
"Knoppix Hacks―カスタマイズとシステム管理のテクニック" (須崎 有康, カイル ランキン)
"手作りUSB機器―USB-IOで作る電子ルーレットからWebカメラまで" (永島 智二)
"アスペクト指向入門 -Java ・ オブジェクト指向から AspectJプログラミングへ" (千葉 滋)
コンピュータが計算機と呼ばれた時代 <−まだamazonに無いらしい
"岩波科学ライブラリー 予想脳 Predicting Brains" (藤井 直敬)<−行っちゃってるのか。


日本文学ふいんき語り
麻野 一哉著 / 飯田 和敏著 / 米光 一成著
双葉社 (2005.12)
通常24時間以内に発送します。


"レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏" (アンディ ハーツフェルド)

"コンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのか" (戸塚 滝登)

"自閉症/アスペルガー症候群 RDI「対人関係発達指導法」―対人関係のパズルを解く発達支援プログラム" (スティーブン・E. ガットステイン, 杉山 登志郎, 小野 次朗)

|

« 笑ってられない笑い話 | Main | ゾーンだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/15853333

Listed below are links to weblogs that reference 購入予定本:

« 笑ってられない笑い話 | Main | ゾーンだ »