« 色々と考えさせられる | Main | 音の遍歴 »

2007.08.30

非対称の雑記

ロバート・ベア『CIAは何をしていた?』 SEE NO EVIL The true story of a Ground Soldier in the CIA's War on terrorismを
3/5ほど読んだ所に物語が現れる。これは映画のような情景でもある。ハリウッドでは結末がないので映画化できないだろうが、ニキータ・ミハルコフあたりならチェーホフばりに泣き笑いの利いた作品に仕上げるのではないか、と思う。
それ以外は断片化したエピソードが袋詰めにされてるに過ぎない。CIAが海外赴任したビジネスマンを監視する部署と化した頃、カスピ海原油の話が出てくる。新聞の経済欄くらいしか知識を持たない身としては、それがどうビジネスに実を結ぶのか想像力を逞しくするしかない。
あるいは、世は正に大「インテリジェンス」時代、読む人が読めば異なる情報を知ることになるだろう。コソヴォ、911、BCCI、話題に事欠くことはない。

いつのまにか、MMではニュースを拾えなくなってきてる。もっぱらSNSに頼るようになった。それでも刺激的なのはやはり自分で集めたブログ・サイトだったりする。
ニュースを発信する側が変質したのだろう。
立場を崩さず独自のスタンスを保ってるのが時々、不思議なくらいだ、呼応してるのか、対称なのか。ソースの分からないものも、それでさえ他と交えて判断材料となるのが面白い。

A HOMAGE TO LOU HARRISON を聞いてると、曲としての作品は、そこで提起された楽器の規模で演奏可能な音楽であって、「ジャンルは問わない」みたいな感じがする。もちろん聞く側からで、書く側にしたらそうじゃないだろうけど。
もうひとつの特徴は、ECMのJohn Cage : The Seasonsの中で気が付いた。トイ・ピアノのための組曲をオーケストレーションしてる作品が物凄くロマンチックな響きで驚いた。擬似民俗音楽風は、その結果だったんだ、とね。
で、ケージ作品。改めて聞くと、Seventy-Fourって亡くなった年に書いたオーケストラ作品がシェルシしてるじゃないか、一音だけしかない12分ほどの作品で高音部、低音部の2ヴァージョンある。
まぁ、こうやって聞くとケージはツッパってたとも、そうじゃないとも聞ける。
ただ、こうした音を聞いてたことの不思議を思う。作品が有名になっても生活が安定するじゃなく、ディックのように職を転々としてたそうだから。

|

« 色々と考えさせられる | Main | 音の遍歴 »

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

"intender" を増やすこと。
http://www.mediologic.com/weblog/archives/001404.html

Posted by: katute | 2007.09.03 10:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 非対称の雑記:

« 色々と考えさせられる | Main | 音の遍歴 »