« 読了「氷の海のガレオン」 | Main | 使う側が製品をダメにした? »

2007.08.27

雑記

今日みたいな出来事は自分にとって幸運だったとは言えない。
刷り出し立ち会いに行こうと印刷の仲介業者が言うのを、言い訳が欲しいからとは思っていた。現場に入って印刷機脇のコンソールに乗った校正紙を見て、おや?と感じたが何も言わずにいた。印刷機のオペレーターは日勤者らしかったが、刷り始めてしまっていたので交替できずに、結局その台を刷り上げた。
本紙校正してるのだから立ち合い自体がナンセンスなのだが、貴金属の色調を出すのは微妙なので、見極めの責任を欲しがってると思ったが、そうではなかった。
色校の面付けがおかしかった、本紙なのに刷り出しと校正で紙色が異なった。
帰り道それらを質したら、製本に応じたページメーションを確認するといって仲介業者は途中駅で下車した。
時計を見ると現地入りしてから3時間が過ぎていた。
>はめられたって、事?

faradzh karaev : nostlgia
板起こしだが、あまりにも果てしない音がする。日常の感覚で聞くのが惜しくて、半分だけ聞いて止める。一発屋かも知れないけど、それでも良いと思うほど、この感覚は特別だ。パラジャーノフの果てしなさとも異なるけど、でもコーカサス地方の山を感じると言ったら嘘になるか?

そして何かを、と思い A HOMAGE TO LOU HARRISON を聞き始める(Vol.3を持ってなかった、と、やっと判った)。
アメリカン・ガムランだけじゃない。世界各国各地域の架空の民謡が集められてる、いや架空の国の民謡か。
以前はこういうのを聞くと脱力したんだけど。なんだか面白い。
現代の想像力の方向性として追求すべき、とさえ思う。そう感じる自分の変わり身の速さ。
手作りを指示されたガラクタ楽器とオーケストラ楽器の合奏や、ラヴェル擬いの和声作品。。。幅があり過ぎる。

|

« 読了「氷の海のガレオン」 | Main | 使う側が製品をダメにした? »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

>はめられたって、事?
企みとしてはYes、結果としてはNo、と言わざるを得ない。
クレームになった場合、業者に全てを負ってもらうから。
署名入りの校正紙が返って来た訳でもなく電話でのOKだったのでクライアントも、そこまで言えないだろう。と思ってる。

Posted by: katute | 2007.08.28 04:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記:

« 読了「氷の海のガレオン」 | Main | 使う側が製品をダメにした? »