« 運送業について | Main | 同窓会にて »

2007.08.11

米国版総量規制か?

サブプライム・ローンによるクレジット・クランチは平たく言えば貸し渋りで、傾向としては規制に近いだろう。
金融機関単位の独自の対応だが政府機関が表だった指示を出してないだけで、日本の建設業、特に土建屋がバブル崩壊の張本人と怒り狂った「総量規制」ではないか。
現金より上位の信用取引だから現実には影響を及ばさないと考えたいらしい対応は見える。
それを下支える日本の低金利。
いずれ貯水池から逆流が始まるだろうことは判ってる。それがいつなのか時期を待って、見てる。それも判ってる。

これが世界経済の仕組みで、先進国の思想だということに呆れるだけだが。
>貸し渋りというより、『貸し剥がし』の失敗じゃないんだろうか。

|

« 運送業について | Main | 同窓会にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

なんでサブプライム・ローンて言うとアタマの悪い連中のローンだ何てこと言うやつがいるのかなぁ?
証文を売りさばく市場がある方が驚きじゃないか?
つまりは、何でも売っちゃってるんだから。
これじゃ何処にどんな影響が出るかなんて誰に予測できるの?
おかしな例えだけれど、気が付いたら、いつも使ってるデータのコードの内部で一部が腐食して使い物にならなくなってたなんて状況を思ってしまう。

Posted by: katute | 2007.08.28 at 04:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/16129381

Listed below are links to weblogs that reference 米国版総量規制か?:

« 運送業について | Main | 同窓会にて »