« 購入 | Main | MSサイトは便利なのか? »

2007.10.18

物凄い違和感。

ネットで主要地方紙が報じてる内容だけど、ナンダか可笑しい。
「活字」はシンボル・アイコンであって実体ではないのに、それを売らんがために何かをしようとするも中途半端感が窺える。

文字情報としては、印刷物の流通しかなかった頃に比べ格段と増えてるはず。
だから活字離れといっても「売れなくなった」が、その内容であって、学力なんて尺度で世間を見てる内は、結果としての「売れなくなった」に従属するしかないのではないか。

「活字離れに歯止めを」 言論人らが読書活動を推進

>う〜む、最近読んだブログでモットきちんと検証しているのがあったのだが、見つからないから、古いけど、■NO.21■ 活字離れ(2)とかでも、統計を使って検証している人達によれば、学力なんて関係のない、高年齢の人達が読まなくなっているだけなんだよね。

|

« 購入 | Main | MSサイトは便利なのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

自動車が売れなくなったというのと同類。そもそも何故に毎シーズン新車を買うと思っているのか?
消費者として仕立てられた購買層を見込んで利益獲得を目指すからではないか?
ニューロマーケティングとかPRとか、そっちの話をするなら文装的武備を語るべきか。

Posted by: katute | 2007.10.22 at 11:06 AM

でも考えてみれば『「活字離れに歯止めを」 言論人らが読書活動を推進』てこと自体が洗脳を意味しているのかも知れないなぁ。
読書行為自体を奨励するするのは他の情報からの遮蔽を意味する。この場合の「活字」に没入せよ!とはナニが目的?

Posted by: katute | 2007.11.01 at 12:04 PM

脳を直撃する広告?
“ニューロマーケティング”が欧州でブレーク
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071018/137860/

テレビ番組がおたくの新製品を取り上げるには「×××」が必要です
「×××」とは何か?――広告ではない戦略的PRを考える
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20071004/136839/

Posted by: katute | 2007.11.01 at 12:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/16814704

Listed below are links to weblogs that reference 物凄い違和感。:

« 購入 | Main | MSサイトは便利なのか? »