« くそったれサブプライムローン(を買ってた銀行) | Main | 評論家デビューの切っ掛けを考えてしまった »

2007.11.20

PR企業が日本には無いと言われるが、

これ↓は、米国という立場からすると脅迫と取るだろう。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争でセルビア系が似たような発言をしてイーグルバーガーに除けられた場面をボルトンが見てる。

米国が日本の訴えを「却下」する理由
 総理が誰であったとしても、ブッシュ大統領を再考させることはできなかったと思われます。現に、前任者の安倍さんでさえもブッシュ大統領を翻意させることができませんでした。町村官房長官が外相時の5月に訪米した際、「米国が北朝鮮をテロ支援国家の指定から解除するようなことがあれば、日本の人々は米国に見捨てられたと感じるだろう」と訴え、加藤駐米大使が「解除すれば、日米関係を損なうことになるだろう」と牽制してみても、どうにもなりませんでした。


戦争広告代理店』の著者であるNHKディレクターは、この問題をどう見てるのか?

|

« くそったれサブプライムローン(を買ってた銀行) | Main | 評論家デビューの切っ掛けを考えてしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

拉致問題、米への直接アピールの成果
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/62/
>甚だしい勘違いなんじゃないか、これ。
そもそもが、拉致解決とは何か、そのために米国に何を望むのか説明が無い。
ただテロ指定解除するなの繰り返しを賞賛する外交センス(!)。
米国が外交における脅迫を是認する訳ない。ここに米国の国益と結びつくものが無い。

米国を理解しない者たちが唱える日米同盟のもろさ
http://www.amakiblog.com/archives/2007/11/20/#000595
>地道な努力をすれば足元を掬うし。。。

Posted by: katute | 2007.11.23 at 08:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17152706

Listed below are links to weblogs that reference PR企業が日本には無いと言われるが、:

« くそったれサブプライムローン(を買ってた銀行) | Main | 評論家デビューの切っ掛けを考えてしまった »