« パラジャーノフを想って | Main | 読了「数学する精神」 »

2007.11.25

米朝接近の裏側とは…記者がキーマンを取材

駐韓米国大使を務めたドナルド・グレッグが会長を務めるニューヨーク・コリア・ソサエティーのフレッド・キャリアが交渉人だそうです。

遡っていくと色々と不思議を感じるし、今までクローズアップされなかったことも意味深長。反対側も知ってて、周囲は見守っていた訳ですね。

米朝接近の裏側とは…記者がキーマンを取材

【核の脅威】[第5部] 拡散防げるか(2)米朝 大胆過ぎる接近

日本VSアメリカ国務省。拉致問題が日米安保の命運をも握る!
北朝鮮、「テロ支援国」解除要求へ・5日から米と作業部会

統一後の朝鮮半島プロジェクト 1997年9月29-30日(ホノルル)

|

« パラジャーノフを想って | Main | 読了「数学する精神」 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17191960

Listed below are links to weblogs that reference 米朝接近の裏側とは…記者がキーマンを取材:

« パラジャーノフを想って | Main | 読了「数学する精神」 »