« 購入『いいたかないけど数学者なのだ』 | Main | 鉄道時代のインパクトを知らないから »

2007.11.28

最近郵便を配達してるのは誰?

小さな会社なので営業もすれば工程管理もするし版下を作ることもある。もちろん請求から集金催促も当り前。
だから今日は封筒に切手を貼っていた。ら以前と違って物凄く貼りにくい。切手が馴染まないからだ。見れば80円切手は洒落た伝統色で特色刷りされてる。その上に用紙の均量(厚み)が増してる。ミミには国立印刷局製造と記されてる。
これが経費削減に繋がってるのなら民営化された意味があったろう。でもそういう気がしない。今までの倍くらいの厚みで指が馴染まないせいか枚数が解らなくて確かめようと何度も捲ろうとするので捗らない。
年次改革要望書にはゆうちょぎんは出てきても郵便事業は眼中に無かったと思ったがなぁ。
ともかく、民営化は合理化が目的なはずだから前身企業の財産を体よく強奪して始まったのだから制服もそうすれば良かったんじゃないか。
初めて見た時は新しい宅配業者かと思った。だらしなく締まりのないジャージ姿。制服というよりも、新聞配達のバイトかと思うようなみすぼらしさを受けたが、これが目指したクオリティなのか。
まったく残念な印象しかない。
そのためか配達員自身でさえ自身を疑っているような素振りに見えてしまって、配達に現われた人物が不審に思えるのだ。これは従事者としテモチベーションが得られないだろう。
組織改悪だ。

最近の日本で始まった福祉の虐殺。働くものを貶める。それを端的に象徴する事象だ。

|

« 購入『いいたかないけど数学者なのだ』 | Main | 鉄道時代のインパクトを知らないから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17224174

Listed below are links to weblogs that reference 最近郵便を配達してるのは誰?:

« 購入『いいたかないけど数学者なのだ』 | Main | 鉄道時代のインパクトを知らないから »