« うまく行かない | Main | 思ってたものと異なった »

2007.11.19

読了『数学パズル ものまね鳥をまねる―愉快なパズルと結合子論理の夢の鳥物語』




"数学パズル ものまね鳥をまねる―愉快なパズルと結合子論理の夢の鳥物語" (レイモンド スマリヤン)


読んだけど。
さて、第1部は論理パズル、第2部もそうだが、クレイグ警部の紹介篇になっている。第3部こそがメイン、結合子論理の紹介と、ゲーデルの定理の証明。
久しぶりに、挫折。読み通したが、検算は疎か、付いて行くのも覚束無かった。だけど、計算の論理の見通しが判ってきた。reversible computingとか言うのも、この流れから見るのだな。
計算可能性も重要だが、不動点定理(原理)が果たす役割が大きいな。
だが、ものまね鳥のメタファは理解を促しているのか、疑問だ。1つの例にはなるけど。素人考えだが、圏論で話してくれた方が良かったのではないだろうか(他の本の用語も判ると思うのだが)。

|

« うまく行かない | Main | 思ってたものと異なった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『数学パズル ものまね鳥をまねる―愉快なパズルと結合子論理の夢の鳥物語』:

« うまく行かない | Main | 思ってたものと異なった »