« 読了『燻り亦蔵』 | Main | 再生紙は環境を破壊する »

2007.11.06

『マネー!マネー!マネー!』

これがどんなカリカチュアかって?
たぶん今後の世界が在り続ける限り金融資本主義を学ぶ者にとっての教科書となるだろう。また債権/債券とは何か、とか細かなことを含めて。
しかし内容は既に多くが語られて来たろうから、文体と主題について気付いたことをメモしておくと、漫画のデフォルメよりはアニメのモンタージュで構成されてるし、戦記ではなく兵士の従軍記と言える。
そして?だからこそ?、ここに組織が責任を取る意味での敗戦処理はない。なぜなら、この組織は反省などしないからだ。
なので大状況を描いていない。にも係わらず政府と世界は大きく影響を受けようではある。それは太陽でコロナが観測されても地球上の我々が日常で何も感知しないのと同類の無関心に覆われてしまうのだが。
と、言う訳で個人的な復讐のため、帝王は退場する。


"マネー!マネー!マネー!" (ポー ブロンソン)

|

« 読了『燻り亦蔵』 | Main | 再生紙は環境を破壊する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17005613

Listed below are links to weblogs that reference 『マネー!マネー!マネー!』:

« 読了『燻り亦蔵』 | Main | 再生紙は環境を破壊する »