« 購入本 | Main | そうか、北を経済制裁するのは、封鎖するためか »

2007.11.12

[5.米国の無法から日本を守る政治勢力の必要性]

これが現実なんでしょうね。
「北の無能力化」が進んでるのを悦んでるような報道に違和感を覚えてました。このまま進めば北も南も「満州」です、きっと。
「逆さ冷戦」の図式で見ると米国の無法から大陸を護る橋頭堡としての日本の存在がクローズアップされることになる訳ですが、どうなんでしょう?


天木 直人 2007年11月05日
小沢辞任騒動、防衛疑惑、パキスタンの崩壊

5. 米国の無法から日本を守る政治勢力の必要性

  パキスタンに3日戒厳令が敷かれた。小沢事件でニュースがかき消されている中で、このニュースの持つ意味は大きい。これはパキスタンという国が事実上崩壊した事を意味する。そしてその崩壊の原因は米国の「テロとの戦い」の為に、ムシャラフ大統領がパキスタンという国を差し出してしまった事にある。
  冷静に観察するがいい。米国はイラクを崩壊させ、アフガンを崩壊させ、パレスチナを崩壊させた。そんな米国の外交に従属したエジプト、ヨルダン、サウディアラビアの政権は国民の反発を招いて不安状況強めている。そして今度のパキスタンの崩壊である。要するに米国の外交に振り回される国は、最後はことごとく滅びていくのだ。

|

« 購入本 | Main | そうか、北を経済制裁するのは、封鎖するためか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17062701

Listed below are links to weblogs that reference [5.米国の無法から日本を守る政治勢力の必要性]:

« 購入本 | Main | そうか、北を経済制裁するのは、封鎖するためか »