« 雑記風な一昨日の日記 | Main | うまく行かない »

2007.11.19

J.ボルトンが拉致問題に口出しする理由

最近出版した著作で国連事務総長選任問題で日本にクレームをつけた格好になったが、これと拉致問題がどう繋がるのか、何となく参考になるのが下の記事。
あくまで推測だけど、要は、日本は独自防衛路線を放棄しろ、そのために拉致問題を前面に出して6ヶ国協議では協調路線から外れろ、ということらしい。
ボルトンは弁護士あがり、国際紛争での師匠はイーグルバーガー。

大前研一:“拉致問題は解決済み”という現実

|

« 雑記風な一昨日の日記 | Main | うまく行かない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

拉致問題を日本核武装に利用する右派保守勢力
http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/26809836.html

Posted by: katute | 2007.11.22 at 11:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17118572

Listed below are links to weblogs that reference J.ボルトンが拉致問題に口出しする理由:

« 雑記風な一昨日の日記 | Main | うまく行かない »