« 運用計画を公表しろ! | Main | 意外な大穴!近くて遠い国“北朝鮮”の可能性 »

2007.12.06

「アメリカが盛り込むべきだと思っているものがない」

ヒル国務次官補の発言らしい。

ネットのニュースでは様々な予測で埋まってるが、米国は何がないと言ってるか、どこも取り上げてないらしい。
『戦争広告代理店』やリビアの行動で推測できるのは民主憲法の制定を西欧の力を借りて行うって自主的に発言をすることだが、今回それを望んでるとは思えないので、情勢変化に伴う調整が必要ということだろうか。例えば追加的に何処と何を根回ししておけというような水面下の手続き。
ヒルはポーランド担当だったから、ロシアとの関係で何か足りないと思えてきたのかもしれない。

米朝 核の申告めぐり調整難航

報道陣に囲まれて一瞬ほくそ笑む、が、報告を始めると笑みは消える。
それが「マジメにやってるんだよ、こっちは」か、「マイッタよ」か、判読できないけどね。

|

« 運用計画を公表しろ! | Main | 意外な大穴!近くて遠い国“北朝鮮”の可能性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17328732

Listed below are links to weblogs that reference 「アメリカが盛り込むべきだと思っているものがない」:

« 運用計画を公表しろ! | Main | 意外な大穴!近くて遠い国“北朝鮮”の可能性 »