« アングロ・シノ・キャピタル Anglo-Sin o Capital を探して | Main | 河鍋暁斎成田山 »

2007.12.31

今年に聞いたベスト盤

CALIFORNIAN CONCERT
Music of European Immigrants and their American Contemporaries
Susanne Kessel

Julian Anderson
Alhambra Fantasy

JOAQUIN NIN & JOAQUIN NIN-CULMELL
Obra coral i vocal

JOHN FOULDS
DYNAMIC TRIPTYCH

これ↓は、どうしようか迷ったので入れる。

PHILIP GRANGE
Dark Labyrinths

それぞれの問題提起は別途書くとして、昨日テレビ番組について。

ハイビジョン特集「強く 強く〜バイオリニスト・神尾真由子 21歳〜」

番組は成り行き任せ風で目的があるでもなく、ハプニングを引き出す構えでもなかった。
音の押し出しが強く明瞭に響くので性格がはっきりしてるような印象を与えるようだ。これと対比する意味で番組終幕での台詞は21歳だから人生経験も無く、何を考えてるか自分でもわからない変な人、という印象付けをした。
そうした番組つくりはNHKに任せて、神尾真由子の弾く音楽についてメモ。
チャイコフスキーの協奏曲をハイライトを聞いただけの印象では、重厚長大な音楽ではなく、透明な空気感とライトな感覚。
将来性を考えるならステージクラフトを身に付けると良いだろう。
しかし流派を考えると、現代の流儀を探るのはかなりプレッシャーになるだろう。個性より気品を身に付けられると良いだろうか。。。

Technorati Tags: ,

抜けてる曲は確定できなかった奴なので、詳しく頼む。




"Californian Concert: Music of European Immigrants and Their American Contemporaries" (Oehms)





"Anderson: Alhambra Fantasy; Khorovod; The Stations of the Sun" (Ondine)





"John Foulds: Dynamic Triptych; Music-Pictures III" (Warner Classics)

  これか?




"Dark Labyrinths" (Black Box Classics)

これで合ってる?

|

« アングロ・シノ・キャピタル Anglo-Sin o Capital を探して | Main | 河鍋暁斎成田山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

冒頭のSusanne Kessel嬢、これの前は大雑把なヨーロッパ俯瞰をしていた。これの後は2008年にアイスランドを特集していた。
ヨーロッパが動くのは、次はどこだろう?

Posted by: katute | 2009.09.29 at 10:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17581380

Listed below are links to weblogs that reference 今年に聞いたベスト盤:

« アングロ・シノ・キャピタル Anglo-Sin o Capital を探して | Main | 河鍋暁斎成田山 »