« 40年代朝鮮映画北京で発見しDVD化 | Main | 竹中労『「たま」の本』 »

2007.12.08

スペクタクルを考える

と、言っても多々良など製鉄業などを支配者が独占したのはスペクタクルとしての見栄えを独占したかったのではないか、というていどの発想なのだけど。登り窯を見たら、現代人もそう思うじゃないか。
なので9・11のシュトックハウゼン発言に誤りは無い。だからこそ自作自演説も。

シュトクハウゼン死亡
「名前ばかり有名で読む人の少ない名著のような、か・・・」

|

« 40年代朝鮮映画北京で発見しDVD化 | Main | 竹中労『「たま」の本』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17328749

Listed below are links to weblogs that reference スペクタクルを考える:

« 40年代朝鮮映画北京で発見しDVD化 | Main | 竹中労『「たま」の本』 »