« テレビ番組の話 | Main | 現代イタリア・若手作曲家の夕べ »

2008.01.14

Or shall we die?

マイケル・バークリーの1984年(?)のオラトリオ。ウイリアム・ブレイクを引用しながら広島で娘を失った母親が対話するイアン・マキューアンのテキスト。ここでは父性と母性が戦争と平和の対立として表現されてるようだ。
ロンドン・アビーロード・第1スタジオでの、ふた昔も前の録音を今リリースするのは戦況に対する政治的なコミットメントかと思ってみる。
1980年はイラン・イラク戦争、1983年はフォークランド紛争。

おそらく狙ってるのはテオドラキスのようなスタイルなんだろうけど、残念。音楽的には聞く所がない。

|

« テレビ番組の話 | Main | 現代イタリア・若手作曲家の夕べ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/17812190

Listed below are links to weblogs that reference Or shall we die?:

« テレビ番組の話 | Main | 現代イタリア・若手作曲家の夕べ »